カルシウム拮抗薬の使い分け

「アムロジピン」、「ベラパミル」、「ジルチアゼム」はいずれもカルシウム拮抗薬です。
「アムロジピン」は血管への作用が強く、高血圧の薬として使われます。
「ベラパミル」は心臓への作用が強く、不整脈(頻脈)の薬として使われ、「ジルチアゼム」は「アムロジピン」と「ベラパミル」の中間程度の作用があり、血管と心臓の両方に作用して、頻脈傾向のある高血圧の治療に使います。
血管や心臓が収縮するためには、筋肉の細胞にカルシウムイオンが流入する必要があり、このカルシウムイオンの流入に関わるカルシウムチャネルを阻害する薬が、「カルシウム拮抗薬」です。「カルシウム拮抗薬」には、主に血管に作用する「ジヒドロピリジン系」、主に心臓に作用する「フェニルアルキルアミン系」、血管にも心臓にもほどほどに作用する「ベンゾチアゼピン系」という3つの系統があります。
血管に作用する「ジヒドロピリジン系」のカルシウム拮抗薬には、「アムロジン」などがあります。強い血圧降下作用があり、ARBやACE阻害薬と並んで高血圧治療の第一選択薬となっています。
心臓に作用する「フェニルアルキルアミン系」のカルシウム拮抗薬には、「ベラパミル」などがあります。心臓の異常な興奮を抑制し、頻脈を抑える効果があります。
血管にも心臓にもほどほど作用する「ベンゾチアゼピン系」のカルシウム拮抗薬には、「ジルチアゼム」などがあります。「ジヒドロピリジン系」と「フェニルアルキルアミン系」の中間程度の作用があり、頻脈を呈する高血圧の治療に用います。
カルシウム拮抗薬は、高血圧症や狭心症、伸筋梗塞、不整脈など様々な適応をもつ薬があり、用法も様々です。それぞれに変わった特徴をもつため、異なるカルシウム拮抗薬同士を併用する場合もあります。カルシウム拮抗薬は特に高血圧の第一選択薬として非常によく使われ、配合剤も多数登場しているため、薬剤師はそれぞれの特徴を理解しておく必要があるでしょう。薬剤師として転職活動をしている人であってもそれは言えることではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です