薬剤師として転職したら

薬剤師として働いていく上で切実な問題と言えるのが、教育体制が整っているかどうかと仕事のフォロー体制が取れているかどうかはかなり重要だと思います。特に新卒で入職したり、経験を積む前に転職をした人にとって、教育体制が整っているかどうかで居心地の良さも変わってくるのではないでしょうか。また、薬剤師の在籍人数が少ない中で仕事をしている職場においてはフォローが入る状態にあるかで、薬剤師として継続して働いていけるかどうかにもかかわってくると思われます。
どちらも、人事や企業の場合は本社に相談して見るのも良いかもしれません。ただし、教育体制を整備していない点や各職場へのフォローが行き届いていないというのは、一職場の問題ではなく、病院や企業としての問題なので、部署移動や職場移動をしたところで解決されることは少ないように思います。この場合は、教育体制やフォロー体制が整っている職場に転職を考えた方が、今後の薬剤師人生を考えたときにも有効かもしれません。
同様に給与が低いという問題についても、病院や企業企業が設定した基準の元支払われるので、交渉したところで満足のいく結果を得られることは少ないでしょう。給料を上げるという一点のみだけみるならば、転職は1つの手段として効果的だと思います。
長時間労働でプライベートとのバランスが取れないという悩みもあるでしょう。やりがいや労働に対する対価がしっかりと存在していれば良いのですが、頑張った先に体調不良やうつ症状などの精神疾患になってしまっては、一体なんのために頑張っていたのか分からなくなってしまいます。薬剤師として転職を考えているのであれば、働き方は自身の人生の優先順位をしっかり考えた上で選択していくといいと思います。

コメントは受け付けていません。